【開封レビュー】MonoMaster モノマスター 2022年 3月号 付録 KING JIM 「キングファイル」型 デスクトップ収納ボックス

【開封レビュー】MonoMaster モノマスター 2022年 3月号 雑誌 付録 キングジム 「キングファイル」型 デスクトップ収納ボックス


発売日:2022年1月25日
出版社:宝島社
JAN:4910187770329
価格:1,090円(税込)

※価格・発売日は変更になる場合があります

 

雑誌付録:KING JIM 「キングファイル」型 デスクトップ収納ボックス

 
この雑誌付録の概要記事はこちら
https://furoku.info/post-144203/

 
サイズ(約):縦25.7×横5×奥行18.5cm
素材:紙

 

MonoMaster 3月号の付録は、「KING JIM」とのコラボ!付録のパッケージはかなり分厚いものになっています。

 

「キングファイル」そっくりの収納ボックス。紙製ですが、市販のお道具箱で使われているようなとても分厚い素材。表面はツルツルしています。

 

ファイルの背の部分には、

 

付属の4色のステッカーから好きな色を貼って使えます。

 

下のほうには KING JIM × MonoMasterのロゴ入り。

 

左の2冊は本物のキングファイル。一番右が付録の収納ボックスです。

 

真横から見るとこんな感じ。ブルーの色みも本物そっくりです。

 

ファイルの表紙を開くようにボックスを開けると、中はこのようになってます。(小分けの収納の位置は移動できません。)
また、外観からはわからないのですがマグネットが内蔵されているため、ぴったりとキレイに閉まります。

 

左側は小物を収納できる仕切られたスペース。それぞれのパーツも分厚い素材でできています。
印鑑や目薬など細かなものの置き場所に使えるサイズ。左下の深めのポケットにはペンやハサミ、のりなどが入ります。

 

左側は表紙の裏にB5サイズのクリア素材が貼られ、メモなどを挟んでおけます。クリア素材はあまり厚みがないタイプですが、書類を入れてもペラペラしません。

 

厚みのある素材で、開けた状態・閉めた状態のどちらでも自立しました。小物を入れれば小さな棚のよう。
ファイルと同じように立てて収納しておけば場所をとらず、デスク上もすっきり片付きます。

 

【感想】MonoMaster モノマスター 2022年 3月号 付録 KING JIM 「キングファイル」型 デスクトップ収納ボックス

KING JIMの「キングファイル」にそっくりの収納ボックス。本物のファイルと一緒に並べておけば収納ボックスには見えません。

本体のカラーや背の細かなデザインまでそっくり。4色のステッカー付きで、好きな色を貼って使えます。

紙製ですが分厚いためしっかり自立。メモ帳や付箋、マスキングテープなど細かなものの収納にも◎。よく使う文具を並べて、小さな棚の感覚で使えます。

 
宝島チャンネルでチェックする

 

 

ネットショッピング

アマゾンリンク

 

 

レビュー動画

タイトルとURLをコピーしました