【開封レビュー】 MonoMax モノマックス 2022年 4月号 付録 明治 きのこの山&たけのこの里 両A面2層ポーチ

スポンサーリンク

【開封レビュー】 MonoMax モノマックス 2022年 4月号 雑誌 付録 明治 きのこの山&たけのこの里 両A面2層ポーチ


発売日:2022年3月9日
出版社:宝島社
JAN:4910187490425
価格:990円(税込)

 

雑誌付録:明治 きのこの山&たけのこの里 両A面2層ポーチ

 
この雑誌付録の概要記事はこちら
https://furoku.info/post-147431/

 
サイズ(約):W15.5×H9×D5.5cm

素材:PVC・ポリエステル・合金

 

発売前から話題になっていた、MonoMax 4月号の付録。今回はこちらを開封してみます!

 

付録は明治公認の「きのこの山&たけのこの里 両A面2層ポーチ」。こちらは箱から出してすぐの状態。

 

きのこの山とたけのこの里が前後にデザインされているので、どちらにしようか悩まずにすみます!
たけのこ側が少しへこんだ状態でしたが、素材がソフトなPVCレザーのためクセはついていませんでした。

 

広げるとこんな感じでキレイな形になります。ポーチのプリントもとっても鮮やか!

 

凹んでいたたけのこ側もキレイな状態に。

 

サイドから見ると、きのこの山とたけのこの里の箱が2つくっついたような外観。

 

右側が本物のお菓子の箱。

 

サイズもほぼ同等に作られています。

 

ファスナートップにはそれぞれ、お菓子そっくりのチャーム付き!


手前が本物のお菓子。再限度がとっても高くて、可愛い&美味しそうです!

 

以前のリニューアルから登場したパッケージの“隠し絵”もちゃんと再現!

 

お菓子のパッケージと比べても楽しめます。

 

収納は2層に分かれています。きのこ側は内ポケットが3つ付いて、細かなアイテムの整理にぴったりのつくり。内生地はポリエステル素材でツルツルしています。

 

ポーチの横幅いっぱいのポケット。ポケット入口の幅は約15.5cm、マチはありません。マスクはそのままの状態では入りませんでした。

 

反対側は小さなポケットが2つ並んで、細かな文具類を入れても便利。

 

真ん中のスペースも使ってキレイに整理できます。

 

たけのこ側はポケットのない収納スペース。サイドにも生地が付けられ、中身がこぼれないようになっています。

 

内側から見るとこんな感じ。サイドの生地は底面部分(矢印部分)は固定されていませんが、ハリ感がしっかりあるので普通に使うぶんには問題なし。

 

きのこ側よりマチ幅が広いので、除菌グッズや衛生グッズなどをまとめても入れるのもあり。
ポーチは自立するので開けたまま使用することもできます。

 

バッテリーやイヤホンなど、かさばるものを入れるのにも向いています。

 

【感想】 MonoMax モノマックス 2022年 4月号 付録 明治 きのこの山&たけのこの里 両A面2層ポーチ

きのこ側もたけのこ側も、パッケージそっくりのプリントがユニークです。

外側の素材はPVCレザーですが、お菓子の箱に負けない鮮やかで細かいプリントが目を引きます。

ファスナーチャームはお菓子そっくりのモチーフ。ポーチ自体も2層式で、持ち物が整理しやすいよう工夫されたつくりになっています。

 
宝島チャンネルでチェックする

 

 

ネットショッピング

 

アマゾンリンク

 

 

レビュー動画

タイトルとURLをコピーしました