【開封レビュー】 miffy ミッフィーのバックパックBOOK Black Ver. 付録 ミッフィー バックパック ブラック Ver.

スポンサーリンク

【開封レビュー】 miffy ミッフィーのバックパックBOOK Black Ver. 雑誌 付録 ミッフィー バックパック ブラック Ver.


発売日:2022年4月30日
出版社:宝島社
ISBN:9784299028006
価格:2,915円(税込)

 

雑誌付録:ミッフィー バックパック ブラック Ver.

 
この雑誌付録の概要記事はこちら
https://furoku.info/post-151431/

 
Beige Ver.はこちら
https://furoku.info/post-151419/

 
【サイズ】ヨコ29×タテ34×マチ15cm
【素材】 ポリエステル裏PVC貼り、ポリエステル、POM、合金、鉄

 

ブラックとベージュの2バージョンが発売された「miffy ミッフィーのバックパックBOOK」。今回はブラックver.を開封していきます。

 

梱包時のバックパックはきちんとたたまれ、広げても目立ったシワはなし。箱が2重になっており、冊子は箱と箱のあいだにはさまっています。

 

サイドポケットが横に出て見えるぶん、一般的なバックパックよりも横幅のある印象に。コロンとした可愛らしいフォルムになっています。ツヤ感のあるキレイなポリエステル生地が使われています。

 

上部にはロゴとミッフィーのお誕生日が入っています。「miffy」の文字部分は刺しゅう。ボリューム感のある仕上がりで豪華です。ディック・ブルーナさんの名前が入った織りタグも付いて、定番カラーながら程よく主張のあるデザイン。

 

テープの脇からのぞいたミッフィーもキュート。(この部分はプリント仕上げです。)

 

ハンドルは肌あたりのやさしい綿テープ。手でつかむ部分はスナップボタンで一つにまとめることもできます。バッグ本体部分が長すぎないので、手持ちした場合もトートに近い感覚で手軽に持ち歩けます。

 

後ろ側。ショルダーストラップはカーブのついていないまっすぐなタイプ。幅約3.8cm程度で市販のバックパックに比べやや細身です。分厚くはないもののクッション性のあるつくりになっており、背負った際に肩に食い込みません。

 

好みに合わせて長さ調節が可能。

 

ストラップの下側。本体への縫い付け部分も、付録バックパックの中ではきちんとしたつくりになっています。

 

外ポケットは全部で3つ。前面のポケットはスマホやウェットティッシュが入るサイズ。マチなしのぴったりしたつくりで、スマホを入れてもすっきりした見た目です。(入れ口に面テープ等はなし。)

 

両サイドのポケットは500mLペットボトルが入るサイズ。

 

ドリンクボトルを入れた場合、

 

ちょうど収まります。キツ過ぎず出し入れもスムーズ。

 

スリムなステンレスボトルの場合は、ポケットの横幅が広いため斜めに。

 

折りたたみ傘も細めのタイプだと同様の感じになります。

 

折りたためる帽子を入れた場合。

 

内側は全面ブラック。コーティング加工されツルツルしています。

 

背中側のスリーブポケットはA4サイズや13インチのノートPCが入るサイズ。入れ口が広めで出し入れしやすいですが、ポケット部分のポリエステル生地はやや薄手。背中側もクッション素材ではないので、PCの保護よりはあくまで収納用といった感じです。
ツルツルしていてサッと出し入れできるので、たたんだレジャーシートやおむつ替えシートの収納場所にも使えます。

 

底面は長財布を置いてもまだゆとりのある広さ。四辺をパイピングテープで囲まれ、四角い形状が崩れにくくなっています。
深すぎないので底に入れたものも出し入れしやすい点が快適でした。

 

冊子にはミッフィーグッズの情報やバックパックの活用術など紹介されています。

 

【感想】 miffy ミッフィーのバックパックBOOK Black Ver. 付録 ミッフィー バックパック ブラック Ver.

マチと両サイドのポケットが広めでコロンとした可愛いかたち。

ツヤ感のキレイなポリエステル生地に「miffy」の文字が刺しゅうされ、高見えします。

深すぎない形状やトートのように持てるハンドルなど、普段使いしやすい設計。

ポケットは計4個で機能性も十分。バックパックとトートのいいとこどりといった感じで手軽に使えます。

 
宝島チャンネルでチェックする

 

 

ネットショッピング

アマゾンリンク

 

 

レビュー動画

タイトルとURLをコピーしました