【開封レビュー】 WILLIAM MORRIS インテリアトート&ポーチBOOK 付録 ウィリアム・モリス インテリアトート&ポーチ

スポンサーリンク

【開封レビュー】 WILLIAM MORRIS インテリアトート&ポーチBOOK 雑誌 付録 WILLIAM MORRIS インテリアトート&ポーチ


発売日:2022年5月17日
出版社:宝島社
ISBN:9784299027290
価格:2,739円(税込)

 

雑誌付録:ウィリアム・モリス インテリアトート&ポーチ

 
この雑誌付録の概要記事はこちら
https://furoku.info/post-154331/

 
サイズ(約)
【バッグ】タテ18×ヨコ28×マチ15cm
【ポーチ】タテ16×ヨコ24.5cm

素材
【バッグ】ポリエステル
【ポーチ】ポリエステル

 

アーツ・アンド・クラフツ運動の父として知られるウィリアム・モリスのオフィシャルブックが登場。タイトルは「WILLIAM MORRIS インテリアトート&ポーチBOOK」。今回はこちらを開封してみます。

 

ムックの箱から出した状態がこちら。

 

周囲のフリルが豪華な、フラットタイプのポーチ。ウィリアム・モリスの柄の中でも一番人気の「いちご泥棒」がプリントされています。

 

トートもポーチも、テキスタイルが有名なモリスらしい、織物の柄といった雰囲気に仕上がっています。
見た目は上品な光沢感のある布という感じで、テカテカした印象はなし。実際に触るとポリエステル生地でツルツルしているので、日常使いにも向いています。

 

普通サイズのマスクも入る大きさ。かなりゆとりがあるので、個別包装タイプのマスクも袋ごと入ります。

 

内側は白のコーティング加工。

 

後ろ側も同じ柄。(柄の位置は表側とは違います。)矢印部分2か所のテープにスナップボタンが付いていて、

 

トートにセットすることができます。トートの横幅にちょうど収まり、ハリ感もしっかりあるのでバッグの仕切りの役割を果たしてくれます。

 

トートは開封時にはサイドと底部分が折り込まれていたので、前面・後面にはほとんどシワが付いていませんでした。

 

ハリ感のある素材が使われ広げるとキレイな四角いかたちに。空の状態で自立します。ポケットがレースで縁取られ可愛らしい雰囲気に。
持ち手は柔らかな綿のテープ。適度な厚みで、お出かけに使うにも十分持ちやすい素材です。(手持ち仕様なので肩掛けはできません。)

 

ポーチをセットした状態でも500mLペットボトルが入ります。立てて入れるとこんな感じ。ペットボトルを横向きにした場合も入ります。

 

サイドは梱包時に折られた跡がありました。片側にはタグが付いています。

 

反対側。柄の配置は反対サイドとは異なります。

 

トートのみで使う場合。マチが15cmとかなり広いので、大きめのコスメポーチも入ります。

 

前面にはサイズの違う外ポケットが2個。スマホの収納場所にも使えます。

 

後ろ側には横長の外ポケットが1個。マスクのほか、日焼け防止のアームカバーも二つ折りで入ります。

 

メイン収納と5つのポケット、ポーチでたっぷり収納。お出かけに使う場合も必要なアイテムが入る容量です。フリル部分も濃いカラーなので目立ちすぎず、さりげなく持てます。

 

ポーチに貴重品を入れてトートにセットしても便利。

 

スキンケアやメイク用品の収納に使用する場合は、外ポケットに小物を分けられます。

 

細かなメイク道具をポーチに収納したり、お出かけ先でのメイク直し用のアイテムをポーチに分けておくことも可能。

 

サイドのポケットも小物収納に活躍。

 

ポケットのサイズ的に、ペットボトルや折りたたみ傘を入れるには小さめで向いていません。

 

細々したものを入れてもウィリアム・モリスの柄がシックな雰囲気にまとめてくれるバッグ。大きめで仕切りにもなるポーチも使いやすいです。
落ち着いた色合いながら、レースやフリルなどのポイント使いもさりげなく取り入れられ、豪華なセットでした。

 

【感想】 WILLIAM MORRIS インテリアトート&ポーチBOOK 【付録】 ウィリアム・モリス インテリアトート&ポーチ

ウィリアム・モリスの「いちご泥棒」の柄が全面に使われたトートとポーチ。

トートバッグのサイドや底面まで、すべてにこの柄が使われています。

トートバッグは小ぶりながら5つのポケットが付いて収納力抜群。

ポーチは大きめサイズでハリ感もしっかりあり、トートにセットすれば仕切りとしても使えます。

 
宝島チャンネルでチェックする

 

 

ネットショッピング

楽天リンク

アマゾンリンク

 

 

レビュー動画

タイトルとURLをコピーしました