【開封レビュー】 リンネル 2022年 7月号 付録 MOOMIN ポケットにしまえて絵柄が変わる!リトルミイ大型ボストン

スポンサーリンク

【開封レビュー】 リンネル 2022年 7月号 雑誌 付録 MOOMIN ポケットにしまえて絵柄が変わる!リトルミイ大型ボストン


発売日:2022年5月19日
表紙:麻生久美子さん
出版社:宝島社
JAN:4910193070727
価格:1,040 円(税込)

 

雑誌付録:ムーミン ポケットにしまえて絵柄が変わる!リトルミイ大型ボストン

 
リンネル 7月号 宝島チャンネル特別号はこちら
https://furoku.info/post-153397/

 
この雑誌付録の概要記事はこちら
https://furoku.info/post-153384/

 
サイズ(約):H28×W43×D17.5cm
[収納時]:H15×W16cm
[持ち手]50cm(編集部調べ)

素材:ポリエステル
耐荷重:約7kg

 

リンネル 7月号の付録、リトルミイの大型ボストンを開封してみます。

 

箱から出したばかりの状態がこちら。

 

大型サイズでマチもあるため、本体部分には少しシワが付いていました。

 

持ち手部分も少しシワが目立つ状態。

 

バッグに荷物を入れて持つとシワがあまり気にならない状態に。

 

長めの持ち手で肩掛けも可能。分厚くはありませんが、パッカブルタイプのボストンとしては適度な厚みのテープ。テープ幅は約3cm、肩への食い込みも特にありませんでした。

 

持ち手は矢印の位置から底のほうまで本体に縫い付けられています。

 

タグやリトルミイのイラストなど、オレンジのカラーが効いたデザイン。

 

「MOOMIN」のロゴはキレイな織りタグ。今回のバッグはコンパクトにたためる設計なので、本体生地はボストンバッグとしてはやや薄め。そのぶん軽量なので旅行以外のレジャー用にも向いています。

 

外ポケットはスマホやハンカチが入る大きさ。

 

オレンジカラーのダブルファスナー付き。

 

2泊3日分の荷物を中に入れると、

 

こんな感じに。コスメポーチも大きめサイズを選びましたが、バッグ上部にまだ余裕があります。中身を追加してみると、夏用衣類なら3泊分入りました。内側はポケットや内生地はありません。

 

マチも広く、旅行のメイン使いにも対応できる容量。

 

素材が薄手なので、濃いカラーの柄物を入れると、

 

外から少しだけ透けて見えました。

 

後ろ側はキャリーケースにセットできるようになっています。キャリーケースを通す部分の横幅は約21.5cm。

 

ボストンよりも横幅のスリムなキャリーケースでしたが、荷物を入れた状態でセットすれば形も崩れず、持ち運びもスムーズでした。
旅先で買ったお土産を入れて運んだり、海やプールで使うものなど、キャリーケースとは分けたい荷物の収納にも重宝します。

 

キャリーケースに通す部分にもポケットが付いています。キャリーを引く時に自分のからだ側に位置する場所なので、中身をサッと取り出せるのが便利。
旅先での待ち時間に使う物、コインロッカーやクロークに荷物を預ける際に取り出す物など、すぐに出したい小物をここに入れておくと楽ちんです。

 

使い終わってたたむ際は、サイドと底のマチをまず折り込んでおくとたたみやすいです。

 

持ち手をたたんだら、

 

両サイドをたたんでいき、

 

外ポケットのサイズまでたたんだら、ポケット部分をひっくり返せばコンパクトに。たたんだ時はスティンキーのイラスト入り。

 

旅行の荷物がすっぽり入る大容量のボストン。コンパクトに持ち歩けるので荷物が増えた時のサブバッグにもぴったり。
軽量素材なのでレジャー用や、キャリーケースとセット使いするのも便利です。

 

【感想】 リンネル 2022年 7月号 付録 MOOMIN ポケットにしまえて絵柄が変わる!リトルミイ大型ボストン

軽量素材で持ち歩きやすく、レジャー用にも使えるボストンバッグ。

四角いかたちでマチも広いので実際にはかなりの荷物が入ります。

たくさん入れても肩掛けできてラクラク持ち運び。パッカブルタイプでコンパクトになるのでサブバッグにもぴったり。

キャリーケースにセットして使うことも可能。かなり幅広い用途で使えるボストンバッグです。

 

宝島チャンネルでチェックする

 

 

ネットショッピング

 

アマゾンリンク

 

 

レビュー動画

タイトルとURLをコピーしました