【開封レビュー】 otona MUSE オトナミューズ 2022年 9月号 付録 紀ノ国屋 不器用さんでも簡単!小さく畳めるマルシェバッグ

【開封レビュー】 otona MUSE オトナミューズ 2022年 9月号 雑誌 付録 紀ノ国屋 不器用さんでも簡単!小さく畳めるマルシェバッグ


発売日:2022年7月28日
表紙:梨花さん
出版社:宝島社
JAN:4910121650922
価格:1,180円 (税込)

 

雑誌付録:KINOKUNIYA 不器用さんでも簡単!小さく畳めるマルシェバッグ

 
この雑誌付録の概要記事はこちら
https://furoku.info/post-159511/

 
otona MUSE 9月号 特別号はこちら
https://furoku.info/post-159519/

 
サイズ(約):H36×W50 (最大) ×D15cm
ハンドルの長さ:46.5cm
畳んだ状態:H16×W14.5cm (最大)

主素材:ポリエステル
耐荷重:約7kg

 

今回は「otona MUSE」9月号 通常版の付録を開封します。

 

付録は、毎回人気の高い「KINOKUNIYA」とのコラボアイテム。軽量素材なので広げると少しクシャっとした感じがありますが、使用後は小さくたたむタイプなのでOK。

 

フロント側にはおなじみのKINOKUNIYAのロゴ入り。ロゴ部分のカラーはスモーキーブルーです。

 

後ろ側は無地。

 

右側はGLOW 2021年 11月号の付録についていたKINOKUNIYAのバッグ。今回のバッグのほうが横幅が少しワイドになっています。

 

ロゴが映えるシンプルなデザイン。持ち手はゆったり肩掛けできる余裕のある長さになっています。

 

マチが15cmとられ荷物をたっぷり収納。

 

素材はややツヤ感のあるポリエステル生地。軽い素材なのでかっちりしたフォルムではなく、ふんわりしています。後ろ側から見るとこんな感じ。

 

このバッグのポイントは内側に付いた巾着。右側の水色の部分が巾着です。

 

真上からのぞくとこんな感じで、

 

内側のサイド部分に巾着が縫い付けられています。

 

バッグを使い終わったら、巾着部分にクシュクシュと本体を入れていきます。たたまず巾着に入れ込んでいくだけ。巾着を裏返してコードストッパーで留めればミニサイズに。
外出先など、バッグを平らに置いてたたむ場所がなくても、サッとコンパクトにできます。

 

バッグに付けて持ち歩けるサイズ。

 

ポリエステル製のエコバッグのなかでもかなり軽量なタイプ。小さなバッグでお出かけする日は、カラビナなどで吊るしておいても重宝します。

 

軽いのにサイズは大きめ。食品の大容量トレーも底面に置けます。

 

食品のお買い物にも、お洋服などかさばるもののお買い物にも使えるサイズ。

 

スモーキーブルーのロゴが今っぽいおしゃれなマルシェバッグ。手軽にたためるのでレジャーや旅行に持っていくのにも向いています。

 

【感想】 otona MUSE オトナミューズ 2022年 9月号 付録 紀ノ国屋 不器用さんでも簡単!小さく畳めるマルシェバッグ

一体になったミニ巾着にコンパクトに収納できる、便利なマルシェバッグ。

平らに置いて、決められたとおりにたたんで、といった手間がなし。

バッグをクシュクシュと巾着に入れ込むだけでOKの手軽なタイプです。

大容量&軽量素材でレジャーや旅行でも活躍。

カラビナなどでバッグに付けておけるので、コンパクトなバッグの日にも重宝します。

 
宝島チャンネルでチェックする

 

 

ネットショッピング

アマゾンリンク

 

 

レビュー動画

タイトルとURLをコピーしました