【開封レビュー】 GLOW グロー 2022年 11月号 付録 KINOKUNIYA 2WAY ショッピングバッグ

【開封レビュー】 GLOW グロー 2022年 11月号 雑誌 付録 紀伊國屋 2WAY ショッピングバッグ


発売日:2022年9月28日
表紙:柴咲コウさん & 福山雅治さん
出版社:宝島社
JAN:4910033031123
価格:1,200円(税込)

 

雑誌付録:KINOKUNIYA 2WAY ショッピングバッグ

 
この雑誌付録の概要記事はこちら
https://furoku.info/post-163866/

 
GLOW 2022年 11月号 特別号はこちら
https://furoku.info/post-163897/

 
サイズ(約):高さ37×幅33×マチ15cm
ストラップの長さ:32~59cm

素材:綿ポリエステル混紡、ポリエステル、合金、POM

 

GLOW 11月号の付録、KINOKUNIYAのショッピングバッグを開封していきます。

 

大人気のKINOKUNIYAのバッグシリーズ。市販品もデザインのバリエーションがたくさんありますが、付録アイテムでもこれまでさまざまなタイプが発売されてきました。
今回はキャンバス地にブラックのプリントと持ち手が付いたベーシックなデザインで、幅広いシーンで活躍しそうです。

 

「GLOW」と比べてもわかる、大きめサイズもポイント。

 

シンプルながら存在感のあるKINOKUNIYAのロゴプリント。生成りカラーのキャンバス地なのでナチュラルな印象もあります。

 

後ろ側。たたんであった跡は付いていますが、シワっぽさはなく気にせず使える範囲でした。

 

マチもしっかり広めの設計。

 

持ち手が市販品の「アジャスタブル ストラップバッグ」と同じつくりになっています。ただし持ち手の素材は綿テープで柔らかいタイプ。市販品より耐久性は低そうですが、テープが柔らかいおかげでアジャスターが調節しやすい点と、ハンドルを持った時のソフトな肌あたりはいいと思います。
短いハンドルで使っても、

 

長くして肩掛けしてもOK。(斜め掛けはできません。)

 

本体部分は分厚い素材ではなく、適度な厚みの軽やかなキャンバス地。

 

内生地やコーティング加工はないので、内側から見ると光があたった時に外側のプリントがやや透けます。

 

開口部の内側はパイピングテープを使ってキレイに処理されています。

 

底面中央とサイドもパイピングテープを使って縫い合わされています。底面のテープは端のカットがやや雑な部分もありましたが、縫い方はきちんとしていました。

 

1Lの紙パック飲料を底面に置くとこんな感じ。スペースが広めでサイドに余裕があります。

 

マチがあるのでかさばる野菜のお買い物にも使えます。この状態でバッグのファスナーを閉めると、

 

こんな感じ。がっちり硬いキャンバス地ではないので、キャベツの入った部分がやや膨らみます。全体的にはペラペラせずすっきりした印象。

 

キャンバス地なので普段のお出かけに使っても似合いそう。タブレットやメイクポーチ、ドリンクなども無理なく収納。明るいカラーで中身も見やすいです。

 

好みの長さに調節できる持ち手がポイント。普段は持ち手を短く使い、荷物が多い日は長めにしても良さそうです。
キャンバス素材のシンプルデザインで、お買い物からお出かけまで使えます。

 

【感想】 GLOW グロー 2022年 11月号 付録 紀伊國屋 2WAY ショッピングバッグ

生成りカラーのナチュラルなキャンバス地でお出かけにも使えるトートといった雰囲気。

持ち手の長さを調節する機能がついていて、手持ちでも肩掛けでも、その時に合った使い方ができます。

大きめサイズでマチも広い設計。普段のお出かけからお買い物、休日のレジャーまで活躍しそう。

シンプルながらKINOKUNIYAのロゴが効いたデザインで、きちんと感も演出してくれます。

 
宝島チャンネルでチェックする

 

 

ネットショッピング

アマゾンリンク

 

 

レビュー動画

タイトルとURLをコピーしました