【開封レビュー】 otona MUSE オトナミューズ 2023年 1月号 付録 JILLSTUART ロゴ入りの洒落てる!ダウン風ショルダーバッグ

【開封レビュー】 otona MUSE オトナミューズ 2023年 1月号 雑誌 付録 ジルスチュアート ロゴ入りの洒落てる!ダウン風ショルダーバッグ


発売日:2022年11月28日
表紙:宮沢りえさん
出版社:宝島社
JAN:4910121650137
価格:1,290円(税込)

 

雑誌付録:JILLSTUART ロゴ入りの洒落てる!ダウン風ショルダーバッグ

 
この雑誌付録の概要記事はこちら
https://furoku.info/post-168491/

 
otona MUSE 2023年 1月号 増刊はこちら
https://furoku.info/post-168497/

 
サイズ(約):H24×W16cm
ストラップの長さ:120cm[最大]

素材:ポリエステル、プラスチック

 

雑誌の1月号が発売される季節になりました。今回はotona MUSE 2023年 1月号を開封していきます。

 

付録アイテムは「JILLSTUART」のダウン風ショルダーバッグ。

 

バッグは立体的な形で、梱包時は底面を後ろ側にたたんであります。
ダウンジャケットのようなフワフワした素材なので、たたんだ部分にも強いクセは付いていませんでした。

 

ふっくらした手触りがこれからの季節にぴったり。また、ボリューム感のある素材ながらデザイン的には主張しすぎず、すっきりした印象。幅広い服装に似合いそうです。

 

JILLSTUARTのロゴが入った織りタグもシンプル。

 

巾着を閉めずに使うことも可能です。

 

巾着を閉めた場合、ひもが長めにサイドに垂れます。デザイン的にはおしゃれなのですが、使い始めはひもにクシャクシャしたクセが付いていました。
(時間が経つにつれ、だんだんとクセが取れてきました。)

 

持ち手とショルダーストラップの両方で使えます。持ち手は、巾着をしぼらなければ肩掛けも可能。巾着をしぼった場合は、厚手のアウターを着ていると肩掛けできない場合もあります。

 

ロゴテープは分厚くはないものの程よい厚みで使いやすいです。白いロゴが映えてスポーティな印象。
(ロゴテープは総柄のため、バッグによりロゴの位置が違うそうです。)

 

ショルダーストラップは、持ち手の付いている金具にフックを取り付けます。フックはプラスチック製のナスカン。実際付けてみると結構ガッシリ留まる感覚でした。
ゆとりのある長さで斜め掛けもOK。アジャスター付きなので、その日のアウターに合わせて長さを調節することができます。

 

ショルダーストラップなしの外観がこちら。ちょっとした外出ならこの状態で充分だと思います。

 

底面は楕円形。

 

内側はくすみピンクのポリエステル生地。入れ口に付いているツルツルしたパイピングテープだけ、やや付録感のある素材でした。

 

長財布や500mLペットボトルもタテ向きで入れて巾着を閉めることができます。

 

さらにスマホやハンカチ、ハンドクリームを入れてもまだゆとりがありました。
これからの季節は外した手袋なども一緒に入れておける容量です。

 

シンプル&豪華な外観。フワフワ素材で軽量なので身軽にお出かけできます。

 

【感想】 otona MUSE オトナミューズ 2023年 1月号 付録 JILLSTUART ロゴ入りの洒落てる!ダウン風ショルダーバッグ

ダウンジャケット風素材を使用した豪華な外観。スポーティですが、ロゴがポイント使いなので全体的にはシンプルな印象。

ワンピースやパンツスタイル、カジュアルやアウトドアテイストの着こなしまで幅広い服装に似合いそうです。

長財布や500mLペットボトルも入るサイズ。肩掛けも手持ちもできて実用面でも満足なバッグでした。

 
宝島チャンネルでチェックする

 

 

ネットショッピング

 

アマゾンリンク

 

レビュー動画

タイトルとURLをコピーしました