【開封レビュー】 SPRiNG スプリング 2018年 1月号 付録 ジャーナルスタンダード キャリーループ付き ビッグトートバッグ

スポンサーリンク

【開封レビュー】 SPRiNG スプリング 2018年 1月号 雑誌 付録 ジャーナルスタンダード キャリーループ付き ビッグトートバッグ


発売日:2017年11月22日
表紙:高畑充希
価格:880円(税込)

 

雑誌付録:ジャーナルスタンダード キャリーループ付き ビッグトートバッグ

 
バッグサイズ(約):幅54×高さ35×マチ16cm(すべて最大値)

主素材:ポリエステル、PVC

 
この雑誌付録の概要記事はこちら
https://furoku.info/post-41685/

 

開封

 

前面

 

サイド

 

後面

 

底面

 

外側は程よい光沢のポリエステル生地。分厚くはないですが、ウラ側がコーティング加工で、しっかりとハリ感があります。

 

すっきりとしたシンプルなデザイン。使う場面を選ばなそうです。

 

サイドの縫い目。

 

ロゴのサイズはバッグに対して大きめ。シンプルなバッグのアクセントになっています。

 

タグの裏・表、両面にロゴ入り。

 

後面側にキャリーケース用のループが付いています。

 

持ち手はツヤのあるレザー調素材。芯がしっかりと詰まって、付録品に見えないものが使われています。アウターを着ても肩掛けできる長さです。

 

本体への取り付け部分。

 

取り付け部分をウラ側から見ると、こんな感じで縫い目が見えています。

 

ファスナーもシンプルなタイプ。端までしっかり開くので、中も見やすいです。開閉もスムーズでした。

 

内側は黒のコーティング加工。底面センターに縫い合わせ部分がありますが、分厚い縫い目ではないので、荷物を入れてもデコボコしません。

 

内ポケットもハリ感アリ。バッグを肩掛けした状態でも、スムーズに出し入れできます。

 

底面のサイズ感は、2Lペットボトルなら2本並べられるくらい。

 

“SPRiNG”がタテ向きでも入ります。

 

横向きで中に入れたところ。旅行のお土産なども入れられる、たっぷりとした容量です。

 

底面をたたんでコンパクトに折れば、

 

旅行やイベントのサブバッグとしても持ち歩きやすい大きさです。

 

【感想】 SPRiNG スプリング 2018年 1月号 付録 ジャーナルスタンダード キャリーループ付き ビッグトートバッグ

色も形もシンプルなデザインですが、程よい光沢のキレイな素材感。ビッグサイズのわりには、のっぺりとした印象を受けません。

自立するほどの厚みはありませんが、充分なハリ感と、開口部が大きく開くつくり。荷物の出し入れもラクにできます。

持ち手もシンプルな設計ですが、芯がしっかり詰まったタイプ。外観的にも、実際に持った感じも、市販品でもありそうな質の高さでした。

軽量、ビッグサイズ、肩掛けもできて、キャリーケースと連結しない場合でも使い勝手は◎。使うシーンや服装も選ばないデザインで、長く使えそうなアイテムでした。

 

 

楽天リンク

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

spring (スプリング) 2018年 01月号 [雑誌]
価格:880円(税込、送料無料) (2017/11/22時点)

アマゾンリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました