【開封レビュー】 MonoMax モノマックス 2019年 12月号 付録 シップス コイン仕切り財布

スポンサーリンク

【開封レビュー】 MonoMax モノマックス 2019年 12月号 雑誌 付録 シップス コイン仕切り財布


発売日:2019年11月9日
出版社:宝島社
JAN:4910187491293
価格:980円(税込)

 

雑誌付録:SHIPS コイン仕切り財布

 
増刊はこちら
https://furoku.info/post-81791/

※通常号には「3点セット」付録は付きません。
※「コイン仕切り財布」以外は付録に含まれません。

 
この雑誌付録の概要記事はこちら
https://furoku.info/post-81783/

 
サイズ(約):
【閉じた状態】W10.5×H9cm
【開いた状態】W10.5×H24.5cm

素材:PVC、ポリエステル裏PVC貼り、鉄

 

SHIPS コイン仕切り財布。無地でロゴなども外側にはなく、シンプルなデザインです。

 

厚みのあるしなやかなレザー調素材。生地のカットや縫い方も全体的にキレイでした。

 

後ろ側。

 

梱包時は金属のコイン仕切りの部分が保護されています。

 

内側。

 

右側には「SHIPS」のロゴが刻印されています。ロゴ部分の下はカードが入るスペース。

 

中央はコイン用の仕切り。

 

500円玉、100円玉、50円玉、10円玉が入ります。仕切りの下にもカードが入るスペースがありますが、左右がつながっています。

 

コインが抜け落ちないよう横幅はキツめ。そのためコインを入れるのは少し手間に感じました。

 

コインを出す際は、矢印の方向に親指で押すとスムーズに出ます。

 

幅がキツめのぶん、仕切りをタテ向きにしてもコインは抜けずにしっかり固定されています。

 

仕切りの金属部分は上部だけが固定されています。

 

仕切りの横にカバー付き。

 

カバーがコインの上にかかるようになっています。

 

左側は小銭入れ。小銭入れの下にもカードが入ります。

 

仕切りに入れない5円玉、1円玉を入れられます。スペースは小さめですが、片側にマチ付き。

 

札入れスペースは1万円札を入れてもゆとりのある広めの幅。

 

仕切りにも小銭入れにもコインを入れて財布を閉めたところ。少しだけ膨らむものの、きちんと閉まりました。

 

閉じればコンパクトなサイズです。

 

【感想】 MonoMax モノマックス 2019年 12月号 付録 シップス コイン仕切り財布

コイン用の金属の仕切りが付いた財布。手持ちのコインが一目でわかりますが、コインを出し入れする作業は普通の財布に比べて手間がかかります。

コインがしっかり固定されるぶん、ポケットなどに入れて歩いてもジャラジャラと小銭の音はしづらいです。

札入れやカード用のスペース、5円・1円用の小銭入れもありますが、普段使いの財布には少し不向き。

支払い用に全種類の小銭をそろえておきたいなど、小銭メインの目的がある場合には便利です。

 

 

楽天リンク

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Mono Max (モノ・マックス) 2019年 12月号 [雑誌]
価格:980円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

アマゾンリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました