【開封レビュー】 MonoMax モノマックス 2020年 2月号 付録 ナノ・ユニバース 仕分けができるA4サイズバッグ

【開封レビュー】 MonoMax モノマックス 2020年 2月号 雑誌 付録 ナノ・ユニバース 仕分けができるA4サイズバッグ


発売日:2020年1月9日
出版社:宝島社
JAN:4910187490203
価格:980円(税込)

 

雑誌付録:ナノ・ユニバース 仕分けができるA4サイズバッグ

 
増刊号はこちら
https://furoku.info/post-86443/

 
この雑誌付録の概要記事はこちら
https://furoku.info/post-86434/

 
サイズ(約):W38.5×H28.5×D4cm

素材:ポリエステル裏PVC貼り・PVC・紙

 

箱から出したばかり、まだたたんである状態。

 

キレイなたたみ方でクセの付き方は最小限。持ち手部分は折られていなかったため、全くシワのない状態。

 

広げると、前面側はたたんだ跡がほぼ分からない状態に。

 

後面側。持ち手の下に少し跡があるものの、全体的にはキレイです。

 

やや光沢感のあるキレイな素材。厚みとハリがあり、表面はザラザラせず快適な使用感。「ナノ・ユニバース」の文字はシルバーで織られています。

 

「MonoMax」とのサイズ比較。A4書類や13インチのPCも入る大きさです。

 

前面には深めの外ポケットが2つ。

 

ポケットのフチと持ち手はブラウンのレザー調素材。持ち手はボリューム感と程よい硬さがあり、手に取ったときのあたりもソフト。

 

底面もレザー調素材。柔らかい素材なので、地面に直に置いた場合はキズがつきやすそうです。

 

開閉はダブルファスナーで、ファスナーの動きもスムーズ。引き手は柔らかいレザー調素材ですが、厚みがあるためつかみやすいです。

 

底面近くまで開く設計。

 

サイドから見るとじゃばら状になっています。

 

内側は黒のポリエステルの裏地つき。

 

中央に仕切りになる板が2枚付いています。

 

仕切り部分の素材は、市販品に比べて分厚くはないものの、ハリ感のあるつくり。

 

仕切りの内側には底が付いていないので、ポケットではなく、あくまでスペースの区切り用。

 

3つのスペースに区切られ、中身を整理できます。

 

【感想】 MonoMax モノマックス 2020年 2月号 付録 ナノ・ユニバース 仕分けができるA4サイズバッグ

外側は深いネイビーにブラウンのレザー調素材がアクセント。どちらもキレイな素材感で、スリムな厚みながら見映えのするデザインです。

全体的にハリ感があってペラペラせず、持ち手もボリューム感があって付録品としてはかなり豪華な印象です。

内側は3層構造で、じゃばら式ファイルのようなつくり。3つの層は底面でつながっているため、モバイルバッテリーなど薄型のアイテムは、そのまま入れると違うスペースに移動してしまう場合もあります。

大きなアイテムは中に入れ、小型のアイテムは外ポケットへ。すっきりした外観ながら、収納力のあるバッグです。

 

---------スポンサードリンク---------

 

楽天リンク

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Mono Max (モノ・マックス) 2020年 02月号 [雑誌]
価格:980円(税込、送料無料) (2020/1/9時点)

アマゾンリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました